症例報告一覧

院外CPAから長期予後を得た心原性肺水腫のチワワ

院外CPAから長期予後を得た心原性肺水腫のチワワ

診 断

院外心肺停止
心原性ショック、心原性肺水腫(僧房弁粘液腫様変性/僧房弁閉鎖不全症)、過粘稠度症候群

症 例

チワワ 13歳 避妊雌

稟 告

呼吸が荒く、来院3分前に心肺停止。クライアントが心臓マッサージを行いながらの来院。
(1年前に肺水腫の既往があり、複数の心臓薬を服用。)

身体検査

意識レベル0%、心肺停止、可視粘膜色チアノーゼ、四肢冷感
:心原性ショックによるCPAを疑う

経 過

上記主訴にて夜間救急受診。
来院と同時にCPR開始。胸部圧迫、気管挿管、静脈ラインの確保とアドレナリン、アトロピンivにより、約2分後に自己心拍再開。Point of care 超音波検査とレントゲン検査にて心原性ショック、心原性肺水腫と診断。更に、PCV=75.6%と多血症を認め、慢性的な低酸素による赤血球増多症、過粘稠度症候群の併発を疑った。High PEEP & low tidal volumeでの陽圧呼吸管理を行いつつ、中心静脈カテーテルを設置、瀉血と血液希釈により血液粘稠度と体液量の調節を行った。
100%酸素給与下での動脈血酸素分圧(PaO2)75mmHg→467mmHg、PCV=43%、Alb=2.7g/dlと安定を得られた段階でweaningを開始、来院・挿管開始より14時間強で人工呼吸管理より離脱した。その後順調に経過し、ピモベンダン、フロセミドを中心とした服薬と、経鼻食道カテーテルによる栄養補助にて第8病日に退院した。

内服薬による通院維持を試みたが、利尿薬の増量により消化器症状がみとめられ、内科療法のみではいずれ代償不全へ陥る可能性が高い(Stage D)ことから外科的整復を検討。JASMINE どうぶつ循環器病センターにて僧帽弁修復術を実施し、現在良好に経過中。

胸部レントゲン検査

case02a

心臓超音波検査

case02b

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


症例報告

  1. 院外CPAから長期予後を得た心原性肺水腫のチワワ
    診 断院外心肺停止心原性ショック、心原性肺水腫(僧房弁粘液腫様変性/僧房弁閉鎖不全症)、過粘...
  2. 人工呼吸管理で救命した心原性肺水腫のチワワ
    診 断心原性肺水腫(僧帽弁閉鎖不全症)症 例チワワ 10歳 雄稟 告呼吸が苦しそ...